今すぐお金が必要な19歳がカードローンやキャッシングで借金することは?

10月 7, 2018

今すぐお金が必要な19歳といえば大学生のときの自分を思い浮かべます。はじめて親元を離れて自由を手に入れることでき自分でお金も好きに使えるようになります。

とはいっても、お金の使い方がよくわからない未熟な状態でしたから、ついついお金を浪費してしまうという経験をしてしまうことも。大学生活が楽しいと友達と遊びに行ったりする機会も増えますから、お金が必要になることも増えますよね。

大学生でもクレジットカードを持つことは当たり前のようになってますが、キャッシングでお金を借りることができてしまうので、誘惑に負けてお金を借りたいとおもってしまうこともあるでしょう。

18歳以上になれば持つことが出来るクレジットカードのキャッシュ機能で消費者金融のように現金で直接借りることができるようになります。ただし最初はショッピング枠しかもらえなかったり、キャッシング機能の枠も5万円から10万円と少額です。それにキャッシング枠が10万円以上になることはありません。

少額だからといって安易な気持ちで借りても問題ないと思ってしまうかもしれませんが、借りたお金は返済しなければいけませんし金利もつきます。それに10代の学生は信用度が低いので、キャッシング枠が大きくなるのは簡単なことではありません。19歳ではまだまだお金を借りることができる使用度が高くないのです。

クレジットカードで借りれる方法について説明しましたが、続いては大手銀行カードローンや消費者金融でのキャッシングを19歳では利用できないことについて説明します。

19歳がカードローンやキャッシングを使えるのか

基本的に消費者金融や銀行カードローンは年齢制限がありまして、20歳からとなっています。お酒やタバコと同じで原則的にお金を借りられるようになるのはハタチからということになるのです。

消費者金融の中には学生専用ローンというものがありますので大学生でも借りられる業者があります。ただし学生ローンでも原則20歳以上が審査条件となっていますので19歳で消費者金融でお金を借りれるのはごく稀なケースと思ってください。

もし19歳でも申し込める学生ローンがありましたらその業者は危険だと考えることが賢明です。もちろん良心的な学生ローンを行っている業者ありますが、借りたお金は返す義務がありますし金利が付くことを考えれば安易に利用するものでないことは一般常識があるのであればわかるのではないでしょうか。

今すぐお金が必要なときに学校の少額融資制度

消費者金融はカードローン以外にも学生でもお金を借りられる方法があります。高額な金額は借りることはできませんが、大学生や専門学校の生徒でしたら学校からの少額融資制度があります。

それぞれの教育機関によって条件は違ってきますが数万円の小口融資は無利息で貸し付けてくれます。

無利息で借りられますが学校からの緊急融資制度ですので、どうしてもお金が必要な時以外はこちらも安易に利用するものでありません。どうしても今すぐお金が必要な時に活用するようにしましょう。

借金することが当たり前にならないように

今すぐお金が必要な時はやむを得ませんが19歳のように若い時から借金に頼るようになると、借金することが当たり前となってしまうので将来を考えると正しい方法ではありません。

キャッシングは5万円以内ならほとんど金利がつかないのですか、その好条件になれてしまい、さらに多くのお金を融資を受ければ借金額が増えますし、金利が高くついてしまいます。借金額が増えてしまい返済するために学校の講義を受けられずアルバイト三昧の日々を送らなければいけないというはめになってしまう危険性もあります。

計画的に返済する強い気持ちを自分自身に持てるのであればいいのですが、19歳がそれだけ強い気持ちを持ち続けることは難しいのが現実です。

今すぐお金が必要であったとしても、借金に頼ることなく必要なお金はバイトをするなりして自分で稼いで、分不相応なお金を使い方をしないことを強く心掛けるようにしてください。