今すぐお金が必要なあなたへ

10月 7, 2018

<スポンサーリンク>

今すぐお金が必要なくらい切羽詰まってしまい、お金のこと以外なにも考えられるなくなり、どうしようもないくらい目の前が真っ暗になってしまっているのではないでしょうか?

お金が必要なのに、そのお金がないときは言葉に表せないくらい本当につらいですよね。今まで楽しかったことをしていたとしても、全く楽しさを感じられなくなってしまいます。

さらにひどいことになりますと、病気をしたわけではないないのに、なぜか息苦しくなってまい、だれかが親切にしてくれても温かみすら感じることもできません。

どんなときでも心にすきま風が吹いていて、からだ全体が冷え切ってしまうような寂寥感を一日中感じてしまうことになれば、とても耐えられるものではありません。

「人生はお金が全てではない」と言う人が訳知り顔で言っています。しかし、人間の悩みの99%はお金で解決するのです。

たしかにお金持ちになってしまったことで人生をダメにしてしまった人もいるでしょう。

特に宝くじで億万長者になった人はあぶく銭を手に入れるわけですあkら、お金の正しい使い方がわからなくなってしまい唯々浪費をくり返していまい不幸になってしまった人の割合が多いということです。

でも今すぐお金が必要な人は大金が必要というわけではないですよね。今を生きていくために必要なお金だけが手元にあることだけが欠かせないことなのです。

ですから世の中に溢れているお金に対する人生訓は、今すぐお金が必要な人にとって何の役にも立ちません。

そこで今すぐお金が必要な人のために、緊急にお金が必要な時に、お金を手に入れられる方法を知って、お金がない危機から抜け出した方々の体験談を紹介します。

今すぐにお金を手に入れられる方法を紹介しますので、この記事を読んですぐに実践して必要なお金を手にしていただければと思います。

売れるものはすべて売ってしまいお金にする

まず自分が所有しているものを全てチェックしましょう。そして生きてくため、生活するために必要なものだけを手元に残しておきます。

その他のものはネット環境にある人はヤフオク、メルカリに。もしくはリサイクルショップに売って現金にしましょう。値段は二束三文でほとんど値が付かないものが多いかもしれませんがゼロ円になるよりはマシです。

タンスの奥に眠っていたものが実はプレミアもので思いもよらない値段がつく可能性がありますので所有しているものを全て書き出すなどして調べてみましょう。

アクセサリーなど換金率が高い純金でしたら、それをかき集めれば数グラム以上になります。それを質屋や買取店に鑑定してもらえばグラムあたり4000円前後になります。

相場によっては4000円以上の値段がつくことがありますので特に女性でしたらアクセサリーやリングなどは金目になりますのでタンスの奥をかき分けてでも見つけてください。

男性でしたら子供の時に遊んでいた古いおもちゃはマニアが多いですので、こちらも予想外の大金となって帰ってくる可能性が高いです。物持ちが良くてずっと持ち続けている古いおもちゃがありましたら、あなたにミラクルをプレゼントしてくれることになりますよ。子供の時にに遊んでいたおもちゃがないかどうか探してみる価値は大いにあります。

生活福祉資金貸付制度は低収入と働けない人の救世主

働いていてもその収入では生活できないくらい給料が低く、もしくは事情があって働けない人の救世主となるのが生活福祉資金貸付制度です。

収入が少なく生活が不安定ですと消費者金融や銀行の貸付を受けることができません。そんな人を救うのがお金を貸してくれる公的制度があります。

生活福祉資金貸付制度を管轄しているのは厚生労働省ですので公的機関がお金を貸してくれるのです。実際にあなたにお金を貸してくれる窓口となるのは各都道府県市町村の社会福祉協議会になります。
この生活福祉資金貸付制度は低収入で生活せざる得ない方のために生活を援助する公的な貸付制度です。また収入が低く返済能力が認められないため消費者金や銀行からお金を借りられない人が対象となっています。

これはまさに今お金に困っている人のための制度です。 大きな特徴として貸付金には用途や借方にはいくつかの種類がありますか、保証人がいれば無利子となることです。

無利子でお金を借りられるのでしたら返済の負担も少ないですし 返済条件も消費者金融や銀行に比べて厳しくないですのでお金を借りられやすいですからありがたいですね。

社会福祉士窓口は都道府県各市町村の庁舎内に事務所がありますので貸付可能であるか相談にも随時応じています。今すぐお金が必要で消費者金融を銀行からの貸付を受けられない状況の真っ只中にいるのでしたら、真っ先に相談することをお勧めします。

お金を借りたら絶対に返済する覚悟を持つこと

お金が必要な人は借金をするために親兄弟などの親戚や知人などにお金を借りることが多くなってしまうでしょう。もし借金をするのであれば絶対に借りたお金は返す覚悟を持っていなければ返すことができません。

お金を返すことができなくなると今まで築いてきた良好な関係であったも絶えてしまうものと思ってください。たとえそれが親兄弟や友人であったとしても同じです。

金の切れ目は縁の切れ目と言います。なぜそのようなことわざがあるかと言うと、それだけお金が原因で今までの関係が壊れてしまったことがいつの世にも起きているからです。

この記事を読んでいるあなたが今すぐお金が必要だからといって、闇雲に借金をしまくって踏み倒すということはないと信じています。身近にあるものを売ったり、公的貸付制度を利用するなどして、必要なお金を自力で手に入れていただきたいと思います。

<スポンサーリンク>

Posted by admin